野生回帰!ミネラルで自己免疫力を高める

ミネラル研究家

中山 栄基


“自分の体は自分で治せる”
野生生物ミネラル「植物ミネラルマグマ」が
人工・養殖化した現代社会を蘇生する!

化学物質よ、さらば!
野生回帰による自己免疫力の維持・増進

プロフィール : 中山栄基(なかやま・えいき)

ミネラル研究家。
長年の毒性研究から化学物質の猛威に気づき、それを毒消し・代替する野生生物ミネラルを自然界の野生植物群から開発。「還元健康法」を提唱しながら全国を講演し、この間の思索が後の「植物ミネラルマグマ」の開発へとつながった。「合成化学物質はもう要らない」をスローガンに掲げ、医療機関を通じての重症患者への野生生物ミネラルの提供や食の現場などで、化学物質を排する研究活動に東奔西走している。

1944(昭和19)年、山梨県生まれ。1967(昭和42)年、上智大学理工学部化学科卒業。
旧労働省日本バイオアッセイ研究センター(信頼性保証主官)に勤務の後、退職。東京女子医大公衆衛生化学教室、慶応大学医学部新薬化学研究所、北里大学医療衛生学部などで研究に従事。上智大学理工学部応用化学大学院講師、学校法人篠原学園理事などを歴任。植物ミネラルマグマ研究所設立、現在に至る。

著書に、『職業病、その実態と対策』(日本イーエムエス・共著)、『労働衛生用語辞典』(中央労働災害防止協会・共著)、『長生き食品・早死に食品』(プレジデント社)、『自分の体は自分で治せる―野生の還元力 生物ミネラルが体を元に戻す』(風雲舎)など。

>>【序 章】ゼロから1、1から無限 へ