野生回帰!ミネラルで自己免疫力を高める

酸化還元健康法

体の「サビ(=酸化)」は、健康の大敵

■健康はサビ取り(還元)から

体のサビが様々な病気や老化を引き起こしています。
世の中のほとんどのものは空気にさらされていると酸化してしまいます。ピカピカの10円玉がいつしか黒く変色してしまうのも、弾力のある輪ゴムがやがて簡単に切れてしまうのも、空気中の酸素によって酸化、つまりサビたからに他なりません。
人間の体も例外ではありません。
みずみずしい赤ちゃんの肌が、年をとるにしたがって張りを失い、老人になるとシワだらけになってしまうのも、長年の間に皮膚が酸化するためです。そして体の表面だけでなく、内部も酸化によるサビつきによって老化や癌、心臓病など様々な病気の原因になることが最近わかってきました。
体の冷え、血圧の異常、頭痛やめまい、疲れやすくなったりするのは、体にサビがたまり、体の機能の異常や衰えを示す注意信号だといえます。

■体のサビは、酸素の悪い仲間「活性酸素(フリーラジカル)」が原因

人間の体の中では「活性酸素(フリーラジカル)」という酸素が常に出たり消えたりしています。
この活性酸素は、体内に侵入してきた細菌やウイルス等をやっつけてくれる体の大切な防御機能で、外敵が体内に侵入してくると即座に作られ、外敵を鎮圧した後は速やかに消去されるのですが、あまりに外敵が多いと大量に発生せざるを得ないので、余分に作られてしまい、外敵を鎮静させても、余分の活性酸素が多すぎると消去ができなくなってしまいます。
こうして余った活性酸素は外敵の代わりに正常な細胞などを攻撃して体を逆に錆び付かせてしまう、いわば両刃の剣の厄介なものでもあります。

【活性酸素が発生する要因】
・激しい運動、排気ガス、水道水のトリハロメタン、アスベスト
・X線などの放射線、エコーなどの超音波、オゾン式空気清浄器
・電磁調理器、テレビ、携帯電話、電気カーペットなどが発する電磁波
・飛行機、新幹線などによる高速移動
・農薬、洗剤、防腐剤、高圧電線の下の住居
・タバコ、飲酒、食品添加物、紫外線による日焼け、ストレス

■体のサビつきを促進する要因

酸化力の強い毎日の人工的な食べ物や農薬、食品添加物、薬などの人間が作り出した合成化学物質の摂取、便秘やストレス、タバコやお酒、過食、過労働など健康に悪い生活習慣などが挙げられます。

■いろいろな病気も元をたどると体のサビが原因です

人間の体は、約60兆個ともいわれる細胞からできています。活性酸素を中心としたフリーラジカルは、そうした細胞や全身を流れる血液を酸化させ、その機能を奪っていきます。
人間の病気の80〜90%はフリーラジカルによる体のサビが原因という説が有力視されていますので、生体の酸化は病気と密接な関係があると考えたほうが良いでしょう。

■サビ(=酸化)と反対の反応は「還元(=元に戻す)」です

新しい10円玉がサビついて変色するのは、空気中の酸素によって「酸化」するためです。逆に錆び付いた10円玉に水素ガスを吹き付けるとピカピカの10円玉に戻ります。このような酸化と逆の反応を「還元」と呼んでいます。それ故、生体の酸化、つまりサビつきを安全な還元食で抑制すれば、サビが取れ、健康な体作りができることになります。

■還元パワーが体の酸化を防止し、サビを取ってくれます

体にサビがたまるのは、酸化が原因です。したがって酸化と逆の反応、すなわち「還元」する力を体に与えれば、病気や老化を防ぐことができます。本来、人間にはこうしたサビつきを防ぐ防御機能が備わっていますが、年をとるにしたがってその防御機能はだんだんと衰えてきます。
還元パワーを体に与えれば、その防御機能をを助けたり、あるいはその代わりとなって働いてくれるのです。ビタミンCやEなどの抗酸化食品と呼ばれるものには、文字通り体の酸化を抑える働きがあります。しかしただ酸化を防ぐだけでは、たまってしまったサビを取ることはできません。すでに体にこびりついたサビを取るには、より強い還元パワーを体に与える必要があります。
抗酸化の摂取は消極的な健康法であり、体に有害作用を生じない還元パワーの摂取は、積極的な健康法と考えます。

■究極の「還元健康法」とは野生植物を生で食べること

体内にとり入れるのを控えるべきものとは、酸化力の強い食品、化学物質そのものや合成の食品添加物をふんだんに含んだ加工食品などです。
食品として理想的なものは、全くの野生植物です。何故かというと、人工的な要素と化学物質が入り込んでいないからです。

■人間以外の野生動物は、すべて生で食べています

野生のゾウやキリンなどの草食動物は、植物だけを食べてあの巨大な体やスタミナを維持し、長寿をまっとうしております。
ライオンなどの肉食動物は、餌と狙った草食動物を仕留めたら、その内臓から食べ始めます。内臓は肉の部位に比べて高い還元力があります。さらに植物を食べた草食動物の胃などには、たっぶり未消化の植物が含まれていること、だからこそ酸化を防止する還元力が最も高い部位であることを、肉食動物は本能的に知っているのです。それをいずれも生で食べているのです。

<<【第二章】へ戻る
<<nakayama-eiki.net TOP へ