野生回帰!ミネラルで自己免疫力を高める

植物ミネラルマグマとは・・・新素材:野生生物ミネラル

ミネラルとは鉱物質のことで、日常生活の中で私たちは多大な恩恵をたまわっていますが、体にとっても5大栄養素の一員として必要不可欠なものです。地球上には100種類以上の元素が存在しますが、その多くがミネラルです。
ところが、このミネラルは体の中にはほんの数パーセントしか存在しないというのも生命の神秘です。
この微量のミネラルが体作り、生命機能活動、外敵からの防御など、東奔西走の働きを行い、ほとんどの生体活動にかかわっています。それ故、体内のミネラル量が不足、あるいは欠乏してきますと、たちまちのうちに生命活動は黄色信号、あるいは赤信号がついてしまいます。

この大切なミネラルを私たちは、毎日食事から意識せずに摂り入れているわけですが、1日に必要なミネラルの量と種類は、雑駁には知られていても、本当のところはわかっておりません。しかし生体は必ず地球上に存在するミネラルのほとんどが含有されていますので、体は入ってきたミネラルに応じた働きをしているわけです。それ故摂取する食品の素材のミネラルバランスが、私たちの体に極めて重要なウェイトを占めているのです。
一体どれ位の素材から私たちはミネラルを摂取しているか、自分の食べている素材を時々はチェックし、その素材に偏りがないかどうかを確認してみましょう。

注目の新素材、野生生物ミネラル「植物ミネラルマグマ」とは、私たちが食べている食品の素材とは全く異なり、樹木葉、野草、海藻など自然界にたくましく自生する生物体から、含有している野生のバランスそのもののミネラル全体を抽出し、頂戴したものです。
素材は、コンブ、ワカメ、ヒジキ、アラメなどの海藻、イタドリ若芽、クズ葉、ヨモギ、ドクダミ、ギシギシ、クマザサなどの野草、タケ、マツ、クヌギ、スギ、ヒノキなどの樹木葉など、繁殖力旺盛でバラエティに富んだ植物を任意に選択しました。
ですから植物ミネラルマグマは、特定の生体に有用とされるミネラルを多く加えるという人工的なものではありません。地球上に存在する元素を自分に必要なだけ吸収し含有している植物群から、ミネラルだけを忠実に抽出し、これをマグマ状態にまで溶融して作られたものです。

>>■野生生物ミネラル「植物ミネラルマグマ」は合成化した現代の食環境を変革する へ
<<nakayama-eiki.net TOP へ