野生回帰!ミネラルで自己免疫力を高める

第一章/ 毒物屋稼業、30年で得たもの

私は30年間にわたり、医療品、食品、農業、水産、酪農、日用品などに用いる新規の化学物質やこれまでに使用されてきた化学物質の毒性に没頭した毎日を送ってきましたが、長年毒物と接触していますと、毒に対する認識がまことにいびつになっていました。わずかな量で死に至る青酸カリでも、毎日使っていると怖いものという意識が少なくなり、少々手にくっついても死ぬような量でなければ、どうと言う事はないという習慣が、知らず知らず身についてしまうのですから、慣れとは恐ろしいものです。
猛毒なものでもこんな調子ですから、触れても少し位食べても何の症状も生じないような化学物質に対してだと、毒物であることを前提とせずに取り扱ってきました。私たち「毒物屋」ですらこうした状態でしたから、毒物に全くたずさわっていない一般の人たちでは、もっと化学物質の有害性については無頓着で、無防備ではないでしょうか。
これからの時代は今以上に合成化が進み、食料事情は野生から徹底した栽培、養殖化が奨励されるでしょう。その延長線上として完全な合成社会の到来でしょうか。

▼化学物質の毒性調査は全体のほんの数パーセントにすぎない

化学物質は今や1000万種にも及ぶのではと言われるほど増え続けていますが、片や毒性研究はせいぜい10万種、つまり1〜2%程度しか行われていないのです。つまり、ほとんどの化学物質の毒性はわかっていないのが現実です。しかも毒性調査は、体の全体にかかわる毒性や、皮膚とか眼など特異的な部位の試験、発癌性、遺伝性、繁殖性、奇形など、さまざまな試験があって、これらを1つ1つやっていると膨大な経費や手間がかかるのです。でもそうした試験をすべてしなければ、化学物質の、本当の毒性の実体はわからないのです。
私は長年の毒物研究で何を得たかと言えば、
1. すべての化学物質に毒性があると認識すべし。
2. 毒性の強弱で安全性をうんぬんすることなかれ。

▼人間はとんでもない化け物を、途方もない数量で製造してしまった。
 そして、今も化け物が毎日生まれている

いつ、どんなキバを向けてくるかは全く予断が許されないのです。安全な化学物質などこの世の中にはないということをはっきりと痛感させられると共に、大多数の人々は「怖い化学物質はほんの一部で、ほとんどのものが少し位体内に入ったとしてもすぐに浄化してしまうから問題ない」と感じ、それ故企業は今もまだこの化け物を、質量共に大量に作り続けているのでしょう。そして、地球と人類は確実に一歩一歩、破滅への道を進んでいる──
その確たる証拠を挙げてみれば、オゾン層の破壊、地球温暖化による世界各地での異常気象、生態系のリズムの異常化、人間では疾病率の右肩上がりの上昇、癌や糖尿病、アトピー性皮膚炎など、生体内部の汚れが原因と思われる疾病の急増などなど、すべてが化学物質の猛威をもろに受けていることに端を発しています。

▼どんな化学物質も、摂取する期間と量が多ければ必ず有害作用が生じる

化学物質の有害性有無の試験をするとき、摂取させる量を数段階設けます。必ず毒性が生じる高投与群と、ある程度生じる中投与群、そして毒性が生じない低投与群、さらに全く投与しない対照群の、4つのレベルで投与量を設定します。各種のデータは対照群と必ず比較して、もし有意の差が生じれば投与した化学物質に有害作用があることになります。もっとも1つだけの項目テストで有害性の有無を判断するわけではありません。数十項目を検査し、総合的に観察して結論を導き出すのです。
しかし、試験を計画する段階から毒性試験の目的は明らかに毒作用の生じるレベルを見つけることですから、多量に摂取させればどんな物質でも生体のどこかに有害作用が生じます。その場合、摂取させる期間がキーポイントになります。
高レベルで長期間投与すれば、必ず有害作用が出ますので、投与量を一定にして、どの位の期間で毒性が出るかを見つけることも試験目的の1つなのです。逆に、低レベルの摂取ではある期間では有害作用の生じないものも、長期間の摂取によって毒性が生じる場合もあります。それ故、長期間にわたって毒性の有無を見いだすのには莫大なお金と時間がかかることになります。

▼私たちは今、毒性実験の実験動物=モルモット化されている

さて、毒性試験のあり方を現代の生態系、つまりエコロジーでみますと、まさに、私たちを含めて地球の生物全体が毒性実験の試験生物になっているのです。これまで、いくら毒性試験で有害性が見いだされても、人体での有害作用が生じなければ、その結果は軽んじられて来ました。
水俣病の水銀、鉱山で生じた公害問題の元凶である砒素、イタイイタイ病のカドニウム、カネミ油症事件のPCB、ヘップサンダル接着剤事件のベンゼン、藍色染料による膀胱癌のベンジンなどの化学物質は、大惨事が起こってやっと使用や製造の制限、中止などの措置がとられたのです。
WHO(世界保健機構)に設けられているIACR(癌研究機構)でも、動物実験だけでは発癌性は疑いのレベルであり、人体の臨床事例がないと確実な発癌物質とは断定されないのです。つまり、人間の犠牲者を出さなければ単に実験例にすぎないよ、ということなのです。
馬鹿げていると思いませんか。WHOという世界レベルで化学物質の癌をまとめている機関でもこの体たらくでは、私は腹立たしさを通り越して、開いた口がふさがりません。しかし私たちは、明らかに化学物質なしでは現代生活は成り立ちません。どっぷりと化学物質漬けの中で生活しています。もう、自分の体は自分で守るしか方法はありません。

▼私たちの日常生活での化学物質の摂取レベルは少なくとも、毒性の生じないような低レベルにあるとはいえない。
疾病統計から見ると、疾病の種類も疾病患者数も、実は中レベルに到達しようとしている

さて頭を切り替えて、今私たちの生活で使われている化学物質全体を毒性試験にあてはめたら、今の試験物質の投与レベルは低レベルなのか高レベルなのか・・・。
低レベルの長期間投与による反応が少しずつ生じている事例もありますが、むしろ、「生まれてきたばかりで病気です」というような、すでに母親の胎内にいるときから病気だったといわれるような、汚染が低レベルを超えてしまっていることは確かで、もう中レベルに入っているのではとの懸念が十分に推察されます。
今さら私たち現代人に、化学物質を使わない生活を強いるなど到底できません。どっぷりと合成化、人工化された社会に浸った生活をしているのですから、私たちのご先祖様が苦労していたような原始時代の生活に戻ることなど夢のまた夢です。
しかし化学物質は人間にとっても、また地球にとっても、そもそも存在していなかったものですから、異物なのです。ということはインベーダー(侵入者)ですから、体内では排除して浄化したい、という作用が生じますので、体や地球環境では化学物質との闘いが起こり、異変や破壊が生じます。前述したような異常気象、オゾン層の破壊による宇宙からの有害光線の曝露、大気や水質、土壌などの汚染、癌をはじめとする様々な生活習慣病の増加など、私たちの身の周りや自分たちの体には間違いなく化学物質、あるいはそれに伴う人工・養殖化現象による異変が目に見える形で実証されるようになってきました。
今、すぐにこの化学物質による人工化社会をストップさせないと、大げさでなく、人類は滅亡してしまいます。

▼化学物質の毒消し、毒出し物質の開発の必要性

環境ホルモンの調査でもわかるように、化学物質はきわめて少量で遺伝毒性を示しておりますが、それは交配を重ねることによって初めて障害が生じるのですから、何代か先の子孫にならないとわからないスローな発症であり、極めて微量の化学物質の存在で生じるという、これまでの毒性調査にはない有害作用の出現なのです。
一人一人がよほど意識を高め、化学物質による人工化が恐ろしいことであることを認識しなければ、ストップ・ザ・化学物質など成し遂げることはできません。だからこそ、化学物質の毒を消す物質、体内に蓄積された汚染物質を除去する救世主たる物質が必要不可欠で、化学物質に代わる安全な代替物質の開発が急務なのです。

>>【第二章】地球環境と生態系を救う 最後の切り札は野生生物だ へ
<<nakayama-eiki.net TOP へ